日本視能訓練士協会

Q&A
パンくず
よくある質問(Q&A)
制度および受講に関すること
  • Q1

    視能訓練士国家試験に合格した人すべてに「生涯教育制度ハンドブック」が配布されますか?
  • 生涯教育制度ハンドブックは視能訓練士国家試験に合格した方で公益社団法人日本視能訓練士協会に入会した方全員に配布いたします。
  • Q2

    生涯教育制度は必ず登録し、プログラムを受けなければならないのですか?また、登録せずプログラムを受けていない場合、将来的に資格がなくなる等の不利な事が出てくるのですか?
  • 私たちの知識や技術は社会に還元して初めて有効なこと、意義のあるものになります。この時、私たちの知識・技術に地域差や施設による差があってはなりません。この制度は最良の方法で患者さんに臨むために協会が実施する1つの学習方法と理解してください。また、私たちの視能訓練士免許は今のところ更新制度はなく、永久的なものです。従って協会が立ち上げたこの制度を受講しないからという理由で資格がなくなることはありません。

    医療従事者は日々進歩する医療においてあらゆる制度を利用し学び続け、社会に還元していくことが求められています。この制度を利用してステップアップしていくことは自身の知識技術の向上に加え、勤務先の評価(認定視能訓練士の存在を示す表示など)向上にもつながります。協会は多くの視能訓練士が参加しやすいように勤務状況を考慮したプログラムの提案、また、勤務先の理解をいただけるよう各地の眼科医会等に協力をいただくようすすめております。
  • Q3

    年数はどのように数えるのでしょうか?
  • 新人教育プログラムの1-3年は今年免許を取得された視能訓練士を1年目として、4月からそれぞれ1年目、2年目、3年目が始まる方をいいます。4-5年も同様に4年目、5年目が始まる方を示します。6年以降も同様です。また、11年は10年を終了し、11年目が始まる方です。
  • Q4

    2007年に視能訓練士免許を取得しましたが2010年度になって入会しました。「新人教育プログラムは、原則免許取得後5年以内に講義日程と技術日程を履修すること」とあります。この場合制度は利用できないのでしょうか?
  • 生涯教育制度はいつの時点で入会しても始めることができます。しかし、免許取得年度によって履修項目が異なります。講義日程は免許取得年度にかかわらず、いつでも受講可能です。技術日程は免許取得後3年以内の方が優先されますが定員に余裕があれば講義日程を修了された方はどなた(再受講も含み)でも受講可能です。
  • Q5

    講義への遅刻や早退は、どのような扱いになりますか。
  • 30分を超える遅刻や早退は、欠席扱いとし、受講費は返金しません。体調不良での遅刻や早退も同様です。なお、公共交通機関の遅延によるものは、遅延証明書の提出により受講できますが、技術指導またはグループワークに間に合わなかった場合は、遅延証明書の提出があっても再受講とし、受講費は返金します。

▲ページトップへ